【ワインの裏技】ワインの急速な冷やし方

急な来客時など、冷やし忘れてしまったワインをできるだけ早く冷やして飲みたくなる時はありませんか?
そんな時に役立つ、急速なワインの冷やし方をソムリエに教わりましたので今回ご紹介いたします。簡単なので覚えておいて損はありませんよ!

やり方は以下3ステップのみです!

【やり方】
1.氷をいれたボールを用意する

2.ワインを入れる

3.ワインを回転させる

わずか3分から5分程度で冷えたワインを楽しむことができます。
ちなみにこちらの方法は缶ビールでも有効です。

1番のポイントは”振らない”こと。特にスパークリングの場合は炭酸があるので、振ってしまうと、開ける時に大変なことになってしまいます。
あくまでも”振らない”で回転させることがポイントです。

実際の回している様子は以下の動画から

一度開けて、まだぬるいなと感じたときでも再度この方法で冷やすことができます。

その他の裏技として、水で濡らしたタオルでワインを巻いて冷凍庫に入れるというのも、効果的とのことでした。約30分ほどでキンキンになるそうです。

そして、最後にソムリエから一言いただきました。

「本当は冷蔵庫でしっかり冷やしたほうがいいですよ。」

なるほど、やっぱりそうなんですね。緊急時の対処方法として覚えておきましょう!

聞き手:株式会社セレブール ゼネラルマネージャー 三沢 雄一