赤坂のソムリエが勧めるコスパの良いワインシリーズ カリフォルニア「J.LOHR 」をご紹介!

以前、お手頃のワインとして「CA’ MOMI をご紹介した際に、「他にもコスパの良いワインはないのか?」との声を沢山頂きました。そんなリクエストにお応えし、今回はカリフォルニアワイナリー視察にてソムリエが感銘を受けたコスパの良いワイン「J.LOHR」をご紹介します。

価格がお手頃でも美味しい「J.LOHR」

日本ではカリフォルニアのワイン産地といえばナパ、ソノマが有名ですが他にも素晴らしい産地があります。その一つがセントラルコーストです。セントラルコーストはナパやソノマよりも南のエリアにあり、カリフォルニアのちょうど中心的な位置になります。この産地の発展、そして有名にしたのが、「J.LOHR」です。今では更に南にあたる、パソ・ロブレスにまで畑を広げ高品質なワインを現地はもちろん、国外にも輸出しております。

そのワインの特徴は価格レンジの低さと品質の良さ。低価格帯にも関わらず、このワイナリーが実施している品質管理の徹底ぶりは恐らくカリフォルニアでもトップクラスだと思われます。
通常低価格帯のワインはブドウを他から大量に仕入れ製造することが多いのですが、このワイナリーは自社のブドウを基本的に使い、生産量も非常に多く作り出しています。

日本でこそまだあまり有名ではないのですが、味わいは素晴らしいバランスで、食事とも合わせやすく和食との相性も良さそうなワインです。

ワイナリーの様子

視察に訪れた現地のワイナリーの様子を画像でご紹介します。

夕日に照らされた一面のブドウ畑

品質管理の徹底された規模の大きい貯蔵所

ここでもサステイナブルに取り組んでおり、生ゴミなどの有機物から堆肥をつくるコンポストの利用やフクロウの住むことができる箱の設置など様々なことをしていました。環境問題に対する意識の高さからも、品質管理を徹底するワイナリーの方針が垣間見れます。

奥が深いカリフォルニアワイン

冒頭に記載しましたが、カリフォルニアワインというと、ナパ・バレーやソノマがやっぱり圧倒的な知名度です。しかし、カリフォルニアは広く、気象条件も多種多様。そのため、様々な種類のワインを楽しむことができます。

「カリフォルニアというとやっぱりナパ・バレー、ソノマばかりが目立ちします。しかし、美味しいワインは他の産地にも沢山あります。カリフォルニアの魅力がもっと広まってほしいなといつも思います。」とのことでした。



最後に余談ですが、現地のワイナリーで食べたアップルパイは絶品とのこと。レイトハーベストリースリングとの相性は数多く訪れたワイナリーで頂いたなかでもナンバーワンペアリングとのことでした。

J.LOHRのワイナリーを訪れる機会がありましたら、ぜひお試しください!

聞き手 赤坂あじる亭 店長/ソムリエ 小巻秀人

\本日紹介したワインはこちらのお店で飲めます/
ワイン居酒屋 赤坂 あじる亭 
公式HP:https://celebourg.com/agiletei/
facebook:https://www.facebook.com/ajirutei/


赤坂見附駅徒歩2分。各地で修業を積んだシェフ達の本格欧風料理とソムリエ厳選の世界各国のワインが楽しめるワイン居酒屋です。取り扱うワインは400種以上。赤坂でもトップクラスの品揃えを誇ります。

<今回ご紹介したワイン>
J.LOHR  
シャルドネ ボトル 7,500円
ピノノワール ボトル 6,000円
カベルネ ボトル 8,500円

※季節によりなくなる場合があります。ご了承ください。
※グラスで飲みたい場合も対応可能です。ソムリエにご相談ください。