カリフォルニアワイン好きなら誰でも知っている!歴史ある有名なカリフォルニアワインをご紹介!

オーパスワン、ナパ・バレー、ロバート・モンダヴィ・・・カリフォルニアワインを語るうえで忘れてはならないキーワードがいくつかありますが、今回は歴史もあり、カリフォルニアワイン好きなら誰でも知っている有名なワインをソムリエが紹介してくれました。

【白ワイン】 FROG’S LEAP(フロッグス・リープ)

ワインの歴史における「パリスの審判」という事件をご存知でしょうか?アメリカ独立200年を祝う1976年に、フランスとアメリカのワインを比較するという企画のイベントがありました。そこで、当時権威のあるフランスのワインに対してアメリカワインがブランドテイスティングで勝利するという大きな事件がありました。この事件をきっかけに「フランス以外でも優れたワインを作ることができる」ということになり、ワイン業界は世界的な競争に突入していきます。
そのとき優勝したアメリカワイン「スタッグス・リープ」を文字ってつくられたのが、こちらの「FROG’S LEAP(フロッグス・リープ)」。農薬を極力使わず、有機農法にこだわる中では大規模で有名なワイナリーです。爽やかな酸が特徴のこちらの白ワインは夏場に特にお勧めのワインです。

【赤ワイン】 TURLEY(ターリー)

FROG’S LEAPのワイナリーの創業メンバーのひとりが創設したワイナリーで作られるワインです。ワインの方向性の違いから新たに自分で創設したということもあり、その味わいはFROG’S LEAPとは真逆で濃厚な味わいが特徴になっています。こちらのブドウ品種はジンファンデルから作られていますが、「ジンファンデルならTURELY」と言い切る人もいるくらい、ファンも多いワインです。
畑をカリフォルニア全域に持っているこちらのワイナリーは様々な種類のワインを製造しているのも一つの特徴です。しかし、1種類あたりの生産量は少なく、希少性も高いワインです。

BV(Beaulieu Vvineyard ボーリュー・ヴィンヤード)

創業1900年、100年を超える由緒正しき、歴史あるワイナリー「ボーリュー・ヴィンヤード」。なんと、1920年から1933年13年間の禁酒法時代にもカリフォルニアでワイン製造を許された数少ないワイナリーの1つです。
禁酒法撤廃後、ワインメイキングを行ったのは、現在まで続くBVの礎をつくったアンドレ・チェリチェフ氏。アンドレ・チェリチェフ氏は知る人ぞ知る著名な栽培家・醸造家。カリフォルニアワインの父とも呼ばれるロバート・モンダヴィ氏にとっても師匠のような存在とのことです。

その味わいは、濃い中にもまろやかさを感じる味わいに仕上がっています。ここ数年は日本への輸入量が少なかったそうで、最近のワイン好きの方は知らない人もいるかもしれないですが、往年のワイン好きにはファンの方が多いワインです。

今回ご紹介したワインはカリフォルニアワイン愛好家の間では有名なワインです。ワインリストからこちらを頼んでいる人はきっとカリフォルニアワインが好きな方。そんな方々と会話が弾むこと間違いなしのこれらのワインは知っておいて損はありません。ぜひ機会がありましたらば、お試しくださいませ。

聞き手 赤坂あじる亭 店長/ソムリエ 小巻秀人

\本日紹介したワインはこちらのお店で飲めます/
ワイン居酒屋 赤坂 あじる亭 
公式HP:https://celebourg.com/agiletei/
facebook:https://www.facebook.com/ajirutei/


赤坂見附駅徒歩2分。各地で修業を積んだシェフ達の本格欧風料理とソムリエ厳選の世界各国のワインが楽しめるワイン居酒屋です。取り扱うワインは400種以上。赤坂でもトップクラスの品揃えを誇ります。

<今回ご紹介したワイン>
・FROG’S LEAP(フロッグス・リープ)8,500円
・TURLEY(ターリー)9,500円
・BV(Beaulieu Vvineyard ボーリュー・ヴィンヤード)12,000円

※季節によりなくなる場合があります。ご了承ください。
※グラスで飲みたい場合も対応可能です。ソムリエにご相談ください。