【ハリウッドワインシリーズ】フランシス・フォード・コッポラ監督のワイン

以前ご紹介したマリリンモンローワインに続き、今回もハリウッドのワインをご紹介します。

有名な映画監督、フランシス・フォード・コッポラ氏がワイナリーを所有していることをご存知でしょうか?1975年からワイナリーを購入し、オリジナルワインを製造しています。今回ご紹介するワインはフランシス・フォード・コッポラ氏のワインからディレクターズカットシリーズをご紹介します。

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー ディレクターズカット

ソムリエからは「味は完璧と言っていいほどのよくできたワインです」とのコメントをもらいました。

人に楽しんでもらうことを常に考える映画監督ならではの考え方はワインにもしっかり引き継がれています。特徴はそのブドウ。カリフォルニアの中でも品種によって良いブドウができる地域は変わりますが、しっかりと良い場所を選定してブドウを栽培しているそうです。画像のワインの品種はカリフォルニアの代表品種であるZINFANDEL(ジンファンデル)です。もちろん良質なブドウから作られています。

映画のワードローブをモチーフにしたラベル(エチケット)にも楽しんでもらおうとする映画監督ならではのこだわりを感じます。
よくみると、ブドウの品種によって絵が違うとのこと。

左からカベルネ・ソーヴィニヨン、ジンファンデル、ピノ・ノワールですが、全てモチーフが違います。パーティを彷彿とさせるお洒落で楽しい雰囲気のエチケットですね。

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー

フランシス・フォード・コッポラ監督の所有するワイナリーはお年寄りから赤ちゃんまで楽しめるような遊び心をもったワイナリーになっています。

数年前、カリフォルニアで大規模な山火事が発生したときは地域住民の避難場所にもなったそうです。来たひとを楽しませるおもてなしの心をもったワイナリーは伝統国であるヨーロッパのワイナリーとは全く違う雰囲気を楽しむことができます。

聞き手 赤坂あじる亭Annesso  店長/ソムリエ 野村美紀子


【お知らせ】
本記事に協力頂いているソムリエが店長を務める赤坂 あじる亭 Annesso
カリフォルニアワイン バイ ザ グラス プロモーション2019 にて優秀店として表彰されました!!

カリフォルニアワイン協会主催のこのイベントはカルフォルニアワインのイベントでは1番有名な賞になります。

ぜひ皆様足を運び、カリフォルニアワインを楽しんでください!


\本日紹介したワインはこちらのお店で飲めます/
赤坂 あじる亭 Annesso
公式HP:https://celebourg.com/agiletei-annesso/
facebook:https://www.facebook.com/ajirutei.branche/

こだわり料理とソムリエが厳選したワインをバルスタイルでお楽しみ頂けます。
なるべく面白い国のワイン飲んでもらえるようにとソムリエが様々な国のワインを準備。現在、28カ国超えるワインを楽しむことができます。

・フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー ディレクターズカット
 Bottle 7,800円
※季節により、在庫や料金に変更がある場合があります。ご了承ください。